2009年12月アーカイブ

岸和田 だんじり祭り

dnjr049.jpg

平成21年も、残り少なくなりました。

製造業に取っては、舵取りの難しい年となりました。

私も岸和田市民の1人として、むちゃくちゃだんじりの

ファンです。引き出し(早朝、その年のだんじり祭りの

始まり)のだんじりが動き出す時の感動に身震いがし

ますね。その逆に2日間の祭りも終わり、だんじりを納

庫する時の切なさというか、寂しさと言うか、小さな子供

から、年が行ったおじい、おばあまでが、涙ぐみながら、

さあ、また来年やなんてね。自分に言い聞かせるのです。来年も良い年で有りますように。

 話が変わりますが、多くのだんじりにバネ屋.JPのバネが使われています。

☆こちらHOMEへ 




ピッチングマシン

prs012.jpg

以前、バネ屋.JPのユーザー様がピッチングマシンを制作されていて、オフになると各プロ球団から、

メンテナンスをするために、ユーザー様の工場に持ち込まれ、キャンプが始まるまでに、作業を終えなくては

と、忙しかったですね。バネ屋.JPのバネで有名選手が練習していると聞いたとき、なぜか緊張しましたね。

☆こちらHOMEへ




初孫の実佑香です~

myk 011.jpg

かわ~い~




綺麗でしょ

kujy] 013.jpg

出来上がったステンレス押しスプリングを写真に納めました。

綺麗でしょ、長さも短く、小さいでしょ。

バネの作り方も、数量を沢山、制作するときと、1本や5本と言った、少量の場合と制作の方法が変わるのですよ。

これは量産機で制作したもです。

見ていて面白いですよ、次から次にばねが落ちてくるのです。シューポンって具合にね。

いつも思うのですが、機械を作って人たちは機械を売るために、機械を日々進化させている。感動しますね。

☆こちらHOMEへ




何する物か分かります?

prs 026.jpg

100均好きのスタッフがおもしろい物を買ってきたと、見せてくれたのが、これです。

これはホッチキスの針を抜く道具です。差し込んでグリップを握ると簡単に、針がとれるのです。

使い勝手がよく重宝していますが、其れよりも100均一で売っていたことです。

物を作る一人としてこんなん100円で出来るか~?

バネも使われていて、グリップを握って放せば開きます。工場出荷値段は市場値段の3分の1か4分の1と聞いたことが有りますが、とんでもない値段で売られていますね。

アイデア商品の一つでしょうが、作った人のどうや顔が見えるような、おもしろい商品ですね。

☆こちらHOMEへ 




kuj007.jpg

お客様が、何処にも売って無くて困っているとの事で

バネ屋.JPにお問い合わせがありました。

はい、大丈夫です。すぐに材質を調べ、治具も材料も揃っていますから、安く、早く、出来ますとお応えし、

また、もう少し長い物、短い物、等も自由自在に制作出来る事をお伝えすると、使い勝手の良いサイズに変更してご注文。

使い勝手がよく、仕事の能率があがったとメールを頂きうれしく思いました。

バネ屋.JPは一から作りますから、お客様の要望通りの製品をご提供させて頂きます。

☆こちらHOMEへ




koujyou 001.jpg

何でも作れるなんて、大きな事を言うつもりは有りませんが、バネを作る為に、その治具・工具を作ります。

治具、工具の製作・加工を外部委託をしていれば、コストと時間が掛かり、バネの値段がとても高く付きますね。

バネ屋.JPではご注文に応じて、旋盤で切削し、フライス盤で加工し、溶接等の技術を駆使して、瞬時にお客様の要望に応えさせて頂いています。

その技術が、バネ屋.JP創業時にもずいぶん役立ちました。

多種少量用のバネ製作機なんて、有りませんから、機械からの製作でした。

また、重量用の棚を製作したりと、自分で言うのもおかしいですが、積み重ねてきた技術に随分助けられました。先達に感謝です。

☆こちらHOMEへ

 

 

 

 

 




在庫管理

koujyou 001-2.jpg

バネ屋.JPはユーザー様の代わりに、在庫管理をさせて頂いています。

ユーザー様にバネのトラブルが有りますと、すぐに現場に駆け付けて、トラブル解決に当たります。

経済性の関係で他社との競合は避けることは出来ませんが。バネ屋.JPに任せると、結局安くつくと、

好評を頂いています。

☆こちらHOMEへ

 

 




男前のごまめ君

gom2.jpg

なんですか~ 




バネ屋.JPは技術の結集。

koujyou07.jpg

バネ屋は技術の結集と書きましたが、バネを作るのに市販されている工具では無しに、ほとんどの工具を自分で作ります。

写真の工具は突き箸と言いまして、引きバネのフックを作るときに使います。

これは市販されては無いですから、鋼の棒から自分の手に合うように作るのです。出来不出来により、仕事の能率が、大きく左右されます。

このように、バネ屋で独立、、創業したときは、一つのバネを作るのに、まず、工具を作り、バネを作る日々でしたね。

バネ屋.JPは、機械まで自社で作ります。経済性と能率を上げるために、工夫を凝らして作ります。

工場には旋盤・フライス盤・コンターマシン・鋸盤・CO2溶接機・プラズマカットなどが、速やかにバネの製作が出来るように備わっています。

バネ屋は、その全ての機械を使いこなし、お客様に良いバネをより安く、より早くご提供させて頂きます。

バネ屋.JPは技術が結集されています。

☆こちらHOMEへ 

 

 




子供会イベント 射的

OJB2663.jpg

今年の夏前に、子供会の役員さんが、バネ屋.JPに

イベントで使っている、射的の鉄砲が壊れてしまった。

なんとかならないか?との相談を受け、早速鉄砲を分

解したところ、バネが壊れて作動しないことが分かり。

取り付けていたバネと、同じバネを作り、試したところ、

新品の機能を回復。よかった~と、子供会役員さんは

大喜び。全ての鉄砲のバネを取り替え、イベントは大

成功で子供達も大喜びされたそうです。お礼の写真がこの写真です。

子供会役員さんは、既製品のバネは沢山有るが、何処をさがして同じバネは無く。困っていたと話され、

大変感謝されました。代金は子供会活動に賛同して、気持ちだけ頂きました。

バネは消耗品です。是非、大阪・岸和田のバネ屋.JPを覚えておいてくださいね。バネ屋.JPは便利です。

☆こちら押しバネへ




雷なんて怖くない

goma38.jpg

チャララ~ン ゴマメです チャララ~ン ゴマメです

雷なんて怖くありません

雷を怖がるワン様なんて 笑っちゃいます

チャララ~ン ゴマメです

耳は良く聞こえます

あほゴマと 言うパパに噛みついてやります

チャララ~ン ゴマメです